FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > 久しぶりの東京TOP > 徒然日記 > 久しぶりの東京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted at -------- | 編集

久しぶりの東京

出張でした。
久しぶりの東京。営業。

朝早く新幹線に乗って、座れたので少し眠ろうかなーと思ったが、
そうだ、思い出した。ワシ電車で眠れないねん。
眠くても眠くても眠れないねん。酔っぱらってるとき以外は(失笑)

まず、東京タワーの辺り。
第一印象「あったかいな。春みたいじゃん」
警備のおじさんに「ワシ、長野からでてきたので優しく道案内して」とお願いして、なんかお抱え運転手が運転してるっぽい黒塗りのシーマとかを横目に見ながら受付に通され、綺麗なおねいさんにご挨拶してエレベータに乗り、そんで降りたら「だれだおまい」と言われ「ワシじゃ」といって(ウソ)通してもらって営業。大変好意的に迎えていただいてそのあといろいろな重役の皆様をご紹介頂いて営業。営業って神経使います。失礼があってはいけないし、心を伝えなければいけないし。

で、そのあと古本屋とかいっぱいある辺りで営業。「ねえ、921Rさんいないの?(わかるひとはわかる)お会いしたいんだけど」「いねーよ」そんな会話をしながら営業。旧い友人なのでざっくばらん。

すこーし時間が空いたので「タマネギ」などと喩えられる建物近くまで歩き、地下鉄へ。「うーん、そうだ、母校(高校)の辺りで飯喰おう」と思い、かつて毎日のように通ったラーメン屋へ。名前出そう。メルシー。かつては「こんなうまいラーメンねーよ!」と思っていたラーメン。長野へ引っ越してからもしばらくは通ってた(バカだね)ラーメン。今日は実に10年ぶり。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・「あれ?」


ごちそうさまでした。多分ワシの味覚がかわったのでしょう。どんなふうにかわったかと言えば、まずミョウガが大好きになりました。居酒屋で冷や奴を真っ先に注文するようになりました。肉がキライになりました・・・・etc

そゆことで。

その後、穴八幡。30年ぶり。立派になっていてびっくり。お守り買った。昔アイツとデートしたときはこんな立派じゃなかったし、語り合ったベンチもねーなーと少し寂しかったよ(神社でデートする辺りが旧石器時代)

マイルストーン。我が師匠に会いに。お元気で何より。えー、リーマンショックはこっちでもそんなに影響あるのー?なんて会話。ブラジル、美味しかったです。さすがです。

さて、本日最後の営業。竹下通りで行こうか、表参道で行こうか。二者択一。決めた。表参道。よーく知ってる道のはず。一本道のはず。でも景色違うじゃん。ま、しょーがねーか、あれから大分経ってるしなーなんて思いながら。あれ、この店、雑貨屋じゃなかったっけ。あれ、歩道橋の先は公園じゃなかったっけ、あ、ラフォーレあった。あれ、ペニーレーン見つけらんねー(移転したっぽい)、キディランドはこの先だっけ・・・

時折吹く風に「あったかいなー、春だなー」なんて思ってたら隣を歩く厚着したおねいさんが「さっむーい!」とちいさく叫ぶ。びっくり。ワシ、汗 かいてんのに。ワシはすっかり長野県人なのだった。東京人だったのは遠い昔なのだとその時悟った。

営業。日本を代表する雑誌の編集長。きみと網代で一緒に釣りしたのはいつだっけか。ワシは船酔いしてなー。きみは東京からコマセをカバンに詰め込んで持ってきたっけなー。異臭騒ぎにならなかったか?なーんて話もあったナー

有意義な情報を沢山頂き、帰路につく。

地下鉄が増えていて迷う。アレ?なんて立ち止まると人が土石流のようにワシを襲う。
やっぱりワシは長野県人なのだ。なんかね、アナタたちとは時間の流れかたが違うのよ。
・・・ちょっとまって 。それって負けを認めるようなもんなんじゃね?

すこーし、哀しくなった。

新幹線。軽井沢についたら突然雪だった。積雪5cmくらい?佐久も雪だった。3cmくらい?上田は雨が雪に変わったようだった。これから積もるんだろう。

ワシはいくど。ワシの志でこの雪のように世界を埋め尽くしたるねん。
Posted at 2009-01-21 | Comments [3] | Trackbacks [0] | 編集

コメント

お久しぶりです。

学校に行かれたんですね。
ものすごく変わってびっくりしたでしょう。
私も久しく行ってません。

2009.01.22 | URL | オーちゃん #- [ 編集 ]

何か素敵です。
俺も来年の春には、東京一人旅をしてみようと思ってます。

2009.01.22 | URL | バーバー #- [ 編集 ]

先週末、池袋のライブハウスで某集まりの新年会で弾いて歌っておりました。

聞いているうちに自分も何かやりたくなっちゃってステージに上る人あり、
全体の雰囲気を楽しみながらボトルをゴロゴロと空けていく人あり、
狭いステージにひしめきながら気づけば数曲セッションしてしまっていたり。
この雰囲気、カエルのフォークナイト
そのものでした。
そのイベント主に「地元でこういうところがあって、毎月こんな催しがあるんです」
と言ったら、すごく羨ましがられました。

東京は行くたびに景色も空気も変わりますね。
とても刺激的なんだけれど、帰り道の車窓から山が見えると安心する私も、やはり信州人なんだなあ、と思います。

2009.01.22 | URL | ハラサチコ #y.FzEELU [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
script by WEB Memorandum
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。